【世界遺産】ヴェネツィアとその潟

目次

ヴェネツィアとその潟とは? ~歴史と概要~

イタリア共和国
登録年1987年
登録基準(ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)(ⅴ)(ⅵ)

ヴェネツィアとその潟の見どころ

イタリア北東部のアドリア海に浮かぶヴェネツィアは、海上に築かれた都市です。
118の島、176の運河、400以上の橋からなっています。

6世紀頃、フン族の武力侵攻から海に逃げ場を求めて潟(ラグーナ)に都市を築いたのが始まりです。

7世紀に入ると本格的な建物が建てられるようになり、8世紀には形式的なビザンツ帝国に従属しながらも、ヴェネツィア共和国として独立国となりました。
9世紀にはエジプトのアレキサンドリアから聖マルコの聖遺物を持ち込み、その遺骸を奉るサン・マルコ大聖堂が造られました。
その後300年の間、東西貿易の一大拠点として発展しました。

サンマルコ広場と鐘楼
Nicola GiordanoによるPixabayからの画像

15世紀になるとオスマン帝国が強大となりヴェネツィア海上交易にかげりが見え始め、1797年にナポレオン1世による侵略を受け、約1,100年続いた歴史に幕を下ろしました。

現役添乗員(嫁)のおすすめ情報!!

ヴェネツィア島に車は入れず、バスも水上バス(ヴァポレット)、消防車もパトカーも救急車も船です。

ドゥカーレ宮殿
PeggychoucairによるPixabayからの画像
ドゥカーレ宮殿の有翼の獅子
Julia CasadoによるPixabayからの画像

ヴェネツィア島の中心は屋根のない宮殿と言われるヴェネツィア唯一の広場でもあるサンマルコ広場です。
広場に面してサン・マルコ大聖堂、ヴェネツィア共和国総督の邸宅ドゥカーレ宮殿があります。

この広場沿いにある世界最古のカフェフローリアンのテラス席はサンマルコ広場に、店内は店内で美しく装飾されどちらの席も素敵〜!!
コーヒーカップも販売しておりまして、ついつい家にフローリアンの雰囲気を持ち帰りたくなります……。

カフェフローリアン
David MarkによるPixabayからの画像

カ・ドーロは、カナル・グランデに面して立つヴェネツィア・ゴシック様式の邸宅で、外壁に金箔が用いられていたため黄金の館と呼ばれています。
今はフランケッティ美術館として公開されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる