【世界遺産】ナポリの歴史地区

目次

ナポリの歴史地区とは? ~歴史と概要~

イタリア共和国
登録年 1995年/2011年範囲変更
登録基準(ⅱ)(ⅳ)

ナポリの歴史地区の見どころ

イタリア南部の港町ナポリ、起源は紀元前5世紀の古代ギリシャの植民都市です。
新しい都市を意味するネアポリスが語源、転じてナポリと呼ばれるようになりました。

海上貿易で栄えたナポリは8世紀にナポリ公国として独立しておりましたが、その後、オーストリア、フランス、スペインなどの大国の支配下に長く置かれた末、ようやくイタリア王国に併合されました。

ナポリの歴史地区にはこれら各時代の支配者が残した建物が今も残っています。

美しいナポリ湾と雄大なヴィスヴィオ火山が織りなす風光明媚さが『ナポリを見てから死ね』とまで言われただけあり、素晴らしい優雅さです。

カステル・デッローヴォ
Giulia MarottaによるPixabayからの画像

海岸線の道路からイスキア島やカプリ島、ナポリ湾にあるカステル・デッローヴォ(卵城)を眺めながら、この地に魅せられた人々の別荘、ベランダにはテラコッタの植木鉢にレモンやオレンジが植えられたリゾート地があるかと思ったら、ごちゃごちゃした下町のスパッカ・ナポリがあり、ミラノにあるビットリオエマヌエレ2世のガレリアに負けないウンベルト1世のガレリアがあります。

スパッカ・ナポリ
greissdesignによるPixabayからの画像 

現役添乗員(嫁)のおすすめ情報!!

ナポリではウンベルト1世のガレリアでのんびりしてみましょう。
そしてバールでリモンチェッロを飲むのがおすすめ!!

ウンベルト一世のガレリア
Olga KropmanによるPixabayからの画像

アーケードになっているので雨の日もゆっくりとできますよ。
雨でなくてもぜひリモンチェッロは楽しんでみてください。
アルコール度数は30度くらいと高めですが、キンキンに冷やされているのもとても美味ですよ。

ナポリの要塞

私の好きなお城(要塞)シリーズ ナポリ編

カステル・ヌオーヴォ

カステルヌオーヴォ
MrdidgによるPixabayからの画像

カステル・デッローヴォ(卵城)

gianfilippo maigaによるPixabayからの画像
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる