【世界遺産】フィレンツェの歴史地区

目次

フィレンツェの歴史地区とは? ~歴史と概要~

イタリア共和国
登録年 登録年1982年
登録基準 (ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)(ⅳ)(ⅵ)

フィレンツェの歴史地区の見どころ

イタリア中部に位置するトスカーナ地方のアルノ河畔に広がるフレンツェは、14世紀末から17世紀にかけてルネサンスの中心となった花の都です。

12世紀にコムーネを宣言し、中世に毛織物業や金融業で栄えたフィレンツエのなかで成長したメディチ家は、14世紀終わりにジョヴァンニ・ディ・メディチがメディチ銀行を拡大し、その財力と政治的手腕をもって、15世紀半ばにはジョバンニ・ディ・メディチの子であるコジモ・ディ・メディチが、実質的に市政の支配権を握り、メディチ家は約300年にわたってフィレンツエを支配し、メディチ家の守護のもとでルネサンスが発展しました。

 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂はコジモの援助によって建設され、コジモの孫のロレンツォ・ディ・メディチは「春(プリマヴェーラ」や「ヴィーナスの誕生」などの名作で知られるボッティチェリなど才能ある芸術家を支援しました。

コジモは政庁舎ヴェッキオ宮を住居としました。

ヴェッキオ宮殿
出典:Eagleeye56によるPixabayからの画像

現役添乗員(嫁)のおすすめ情報!!

ウフィツィ美術館のウフィツィは事務所の意味で、ウフィツィ美術館はメディチ家の事務所であり宮殿はベッキオ橋の上にあるヴァザーリの回廊で結ばれたピッティ宮殿。バチカンもルーブルも宮殿を美術館としたので華やか〜!華やかさを観るならピッティへ!

ヴェッキオ橋
出典:christian hardiによるPixabayからの画像

そして疲れたらピッティ宮殿の庭園、イタリア式のボーボリ庭園でのんびり過ごすのも良いかなと!ひな壇式で階段と坂道だけど、丘の頂上には展望台のベルヴェデーレ要塞があります。

フィレンツェ名物のビステッカ・アラ・フィオレンティーナはTボーンステーキで、お肉が無くなった後に残る骨の形がTの形になっていて、厚み3センチ、塩と胡椒のみの味付け、大きいまま焼いおり、約1キロくらいとボリュームがあり、2、3人でシェアしてお召し上がりください。ローストビーフの本場はイギリスだけど、そして邪道なのかも知れませんが私はフィレンツェのローストビーフが大好き!美味しい〜!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる