我が家のデグー(最初の一匹)

我が家ではデグーを飼育しています。
元々、娘がハムスターを飼いたいと言い出してハムスターを飼い始めました。

実は!!
ハムスターって夜行性なんですよね。。。

いつも寝ていて、娘がハムちゃんが遊んでくれないと言われ、いろいろ調べて昼行性のデグーに行きつきました。
調べているうちにどんどん興味が出てきて、飼うための道具を調査したり、デグーを見に行ったり。

そして・・・
ハイ、見事に私(父親)がハマりました。

目次

我が家のデグー

ねむ のプロフィール

名前:ねむ
性別:女の子
色:アグーチ
誕生月:2019年8月
家族になった日:2019年9月

我が家にやってきた日はビクビクして隠れていましたが、翌日に大きなあくびをしているところを目撃しました。
ねむそうだなー、ということで名前は「ねむ」に決定!!

ケージのレイアウト

デグーの動線を考え、前面で行動を見ることができるようにレイアウトしています。
一番上からの落下を防げるように中継路を作っています。

使用しているケージは三晃商会の”イージーホーム ハイメッシュ”です。
撮影したときには右横にバスタオルが引っかかっていますが、画面右端に空気清浄機を設置しており、これの風除けのために普段はケージの右側面にバスタオルをかけています。

下段左奥がすっぽり空いていますが、朝はここにチモシーをたっぷり入れた容器を設置します。
夜はここに浴び砂を入れた瓶を設置し、砂浴びが終わったら回収します。

下段の床はイージーホームのメッシュ構造の床網をそのまま使用しています。
ジャンプで飛び降りるときには負担になるかもしれませんが、素焼きの箱を上手に使って登り降りするため、それほど飛び降りている感じはありません。

一度、床面にタオルなどを引いていましたが、特にそれに向かって飛び降りることもなく、糞尿でタオルの汚れが目立ったため撤去しました。

デグーの食事

朝はチモシーをたっぷりとセット、水を入れ替えてから出社します。
チモシーを入れ替えるときに脱出を計るので、ペレットを一粒与えて気を引いているうちにささっとチモシーをセットします。

帰宅後、ペレットを数粒手渡しで与えてから砂浴びをさせ、残りのペレットをお皿に入れてセットします。
そのときにチモシーの残りは回収し廃棄します。
チモシー入れも尿で汚れているため、水洗いして乾かしておきます。

最初のころは朝晩にペレットを適量の半分ずつ与え、常にチモシーを食べ放題としていましたが、チモシーの食いが悪いうえ、ペレットも好き嫌いが激しい状態でした。

今の与え方に替えて以降、最初は仕方なくだったのでしょうがチモシーもしっかり食べるようになり、夜のペレットも与えられたものを食べるようになりました。
ペレットは偏らないように二種類を交互に与えていますが、好みでは無い方のペレットは食べはするものの、とりあえず食べておく感がすごいです。
好きな方のペレットを与えた日はがっついて食べますので良く分かります。

ケージの掃除

デグーの糞尿はそれほど匂いはしませんし、体臭もほぼありません。
木材のステージに尿をすると、その上を歩いているので足の裏が汚れ、手乗りさせたときに手が匂います。。。

今は部屋に出す直前に砂浴びをさせてから出すようにしています。

週の中ほどに一度、ケージの天井を開けてステージ上に溜まっている糞を落とし、乾いた尿の痕を拭き取ります。
週末にはデグーを避難させておやつを与えている間にケージを清掃します。
週末の清掃では床下に引いているペットシーツを取り換え、ステージや回し車を清掃します。

回し車はメタルサイレント25に専用のベルトを取り付けて使用していますが、メタルサイレントは車の部分が簡単に取り外せるため、毎回取り外して水洗いしています。
デグーは回し車を回しながら糞尿を垂れ流すので、結構汚れています。

ベルトを使用せず網のままで使用すれば汚れはマシかもしれませんが、一度足を挟んで出血していたことがありましたのでベルトを装着しました。

おやつ

普段のおやつにはりんごの小枝を与えています。
あっというまに皮をかじり取ってしまいますが、気が済むまでずーっとガリガリやっています。

不正咬合対策にも木をかじらせるのは良いので、歯にも良いおやつです。

たまにパパイヤの茎も与えますが、こちらもものすごい勢いでがっつきます。
なしの小枝なども与えましたが、リンゴの小枝とパパイヤの茎が別格のようです。

デグーは糖尿病になりやすいようなので、糖質を含むおやつは控えていますが、ハムスター用のものを娘が与えてしまったときなどはもっと寄こせと催促してきます(与えませんが、、、)

掃除のときなどのご褒美はベジドロップのビーツを与えています。
かなり固いので掃除の時間の大部分をごまかせます。
掃除中に部屋んぽさせることも考えていたのですが、部屋んぽは部屋んぽで決まったやり方にしたほうが良いと考え、我が家では掃除のときは小部屋でおやつを与えて待機させています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる